坂の上の竹屋

ゲームとかマンガとか呟きとかそんな感じのブログ

さらなる高みへ…行けたらいいなぁ。 マリオストライカーズ バトルリーグを頑張っている話

マリオストライカーズ バトルリーグとは!!

マリオの暴力ゲームである!!!

そんなゲームをここ数か月、ずっとプレイしていました。

 

 

他所でもチラホラ言われていますがこのゲーム、難易度があまりにも高い!どれくらい難しいかというと、チュートリアル的な役割もかねたトレーニングモードの課題をそつなくこなすことができればもう一人前と言ってもいいんじゃないか?というくらいには難しい。ゲーム初心者は基本的な操作を覚えるだけでもかなりの根気を要することでしょう…。万人向けのマリオシリーズだからと甘く見てはいけない。これは本当に例外。ボクもとても苦しまされました。

そんな難しく厳しいゲームにもオンライン対戦…「ストライカーズクラブ」というモードがあるのですが、これもまぁいろんな意味で厳しくて…。

 

 

まずこの「ストライカーズクラブ」、

 

●自分がオーナーとなってクラブを設立し、メンバーを募る

もしくは

●誰かが設立したクラブに所属

 

最大20人収容できるクラブに、上記の方法で所属し、仲間と協力しあいながら他クラブと闘い、一定のシーズンごとに集計されるランキングの上位を目指すものなんですけど…

 

 

 

あろうことかボクは「自分がオーナーとなってクラブを設立し、メンバーを誰ひとり募集しない」という選択を取るのでした。何を考えているんだ。

 

ワンチームってそういう意味じゃねぇから!

 

このモード、所属メンバーが登録したカスタマイズキャラクター(クラブメンバーが20人いる場合は20キャラ)の中から好きなキャラを4体選んで試合ができるんですけど…

ボクのクラブはボク以外のメンバーが誰ひとりいないので、ボクが登録したカスタマイズキャラの他はカスタマイズされていない丸腰のキャラがランダムで3体、勝手に選出されます。ポケモンで例えるなら、手持ちのポケモンが1匹以外全部レンタルで、しかも全員性格ががんばりや、みたいな感じです(違うか?)。理屈に基づいた編成ができないワケです。

肝心なランキングの仕様なんですけど、「試合に出場さえすれば勝っても負けてもランキングポイントがもらえる(勝った場合は当然多くもらえる)」というものなんですよ。プレイした分、評価されるという。

ということはひとりしかいないクラブで20人いるクラブに勝つには、ひとりで20人分頑張らなきゃならないんですね。そしてなるべく負けないこと。そりゃ、苦しくなるワケだ。

 

そんな苦しい思いをしてまで、なんでひとりにこだわるんだ?というと…「自分以外の人のために頑張れない」からです。オーナーとしてメンバーをひっぱっていくこともできなければ、他のクラブに所属してクラブのために尽力するのもまぁ無理だろうと。それならひとりの方が気楽なのかなぁと。性格ゆえのアレです。めんどくさいヤツですね。

ツイッター上ではこの件について愚痴や悲観的な意見をたくさんツイートしてしまい、界隈の方々には不快な思いをさせてしまいました。その節は本当にすみませんでした。

 

 

ランキングのため…というワケではないんですけど、この数か月はとにかく頑張りまくりました。ちょうどコロナ感染で自宅待機期間もあり、時間の許す限りは頑張って頑張って頑張りまくりました。ランクも最大にし、強者達相手に勝ったり負けたり負けたり負けたり勝ったり負けたり、とにかく試合をこなしまくりました。

 

 

 

その甲斐あってか、9回目となる今シーズンではボクのクラブがなんと24位に!マジで?!

少なくとも上位30クラブでメンバーがひとりしかいないクラブはボクのクラブだけなんですよ。これは褒められてもいいでしょ!!!!

不利な状況でこの成績を叩き出せたのはなかなかすごいことなのかなぁと。そう思いたい。思わせて。

 

近々アップデートで個人ランキングが実装されるそうで。そちらの方は自分の好きな編成で挑めるようなので、よりいっそう頑張っていければいいなぁと。保ちたい、モチベーション!!!

 

みんなもマリオストライカーズを買ってお友達を誘って切磋琢磨しようね。