坂の上の竹屋

ゲームとかマンガとか呟きとかそんな感じのブログ

『スマブラ』という自由で無限の可能性を秘めた遊び

どこかで他の誰かが似たようなことを書いてるかもしれないけど。『スマブラ』の遊び方について思うことを。

特定の層から共感を得ようとかそういう意図は全く無いです。思ってることを吐き出せる場がこのはてなブログだけなので。

 

【1on1ストック制アイテム無しin終点】

アイテム、ステージのギミックによる邪魔が一切入らない、ファイター2人だけの闘い。これは数ある『スマブラ』の遊び方のひとつ。このルールに絞って対戦を楽しんでいるプレイヤーは多いことでしょう。

一方で、アイテムや終点以外のステージがルールに組み込まれるのを嫌がるプレイヤーがいます。「アイテムやギミックにやられて負けるのは腑に落ちないから」というのが理由のひとつとしてあるのですが、正直その気持ちは分からないこともないです。しかし、その負けの理由に理不尽な要素は一切ないと思います。

 

スマブラ』の闘いで相手を出し抜くには、ファイターの特性をよく理解することが大切。はっきり言って1on1終点ならそれだけで十分だと思います。

アイテムありならば各アイテムの特性を理解し、終点以外のステージが闘いの舞台となるならば、そのステージの特性も理解しなければなりません。言い切ることはできないんですが、「終点1on1アイテム無しルール」を好んで遊ぶ何割かの人は、様々な要素が入り乱れる闘いを「よく分からない"何か"でいつの間にか負ける理不尽な物」だと思い込み、毛嫌いしてしまうんだと思います。

 

アイテムが組み込まれたルールで「終点1on1アイテム無し」しか遊んでこなかった人が負けると「アイテムを使って勝つのはずるい、アイテムを使った勝ちは実力による勝ちではない」とか言うんですけど、アイテムの特性を知っていればリフレクターなりカウンターなりいくらでも防ぎようはあるし、相手に取られたら厄介なアイテムは自分がいち早く取りに行けばいいワケだし、何よりも使い方を知っていた方が知らない人よりも勉強熱心で勝つべくして勝ったワケだし、ずるいことは全くないんです。アイテムがあることで真価を発揮できるファイターもいるくらい。ワリオとかむらびととか。アイテムやステージギミックによる攻防、駆け引きは熱く、面白いんですよ。

 

…と長々書いたのは決して「終点1on1アイテム無し」を真っ向から否定したいワケではなく。

 

「終点1on1アイテム無し」だけが上級者による至高の遊びということではないんです。「アイテムあり、バラエティステージのにぎやか乱闘」も突き詰めれば上級者の遊びになり得るんです。かと言って「アイテムありルールだけを遊べ!」と押し付けたいワケでもないんですが。

 

自分の知らない、他のルールも研究すると遊びの幅はグンと広がってもっと面白くなると思います。いろんな遊びができる『スマブラ』で決まりきった遊びだけをするのは少々もったいない。