坂の上の竹屋

ゲームとかマンガとか呟きとかそんな感じのブログ

沢田ユキオ先生の漫画をまとめてみた

【最終更新:2018/03/25】

~更新履歴~

(2018/3/25)

スーパーマリオくん コミックガムスーパーマリオメーカー キャラマリオについて加筆。

これからは更新履歴も残していこうと思います。

(2018/04/01)

スーパーマリオくんコミックガム だがしかし登場について加筆。

 

自分の知る範囲で沢田ユキオ先生の漫画をまとめてみました。所有している漫画はあらすじも紹介します。

未読、未所有の漫画は情報が間違っている可能性もあります。気づいたところがあればコメントなどで指摘していただければ嬉しいです。

 

 

●空からふってきた奴(未読)

沢田先生の初作品らしい。コロコロコミック巻末の作家インタビューで本人がこの作品について少しだけ言及したことがある。

 

●おれとかあちゃん

f:id:Kousuke:20171001213744j:plain

ゴミ拾いを生業としている母親とその息子「五郎」の物語。

1970年週刊少年ジャンプ21号に掲載された読み切り作品。50年程前の漫画。

自分の知る限りでは最古の商業誌掲載作品。当時の沢田ユキオ先生は高校3年生。若い!

 

●オーマイブラザー

f:id:Kousuke:20171001211202j:plain

f:id:Kousuke:20171001212848j:plain

主人公「沢田健一」とその弟「沢田健二」、言葉を話す猫「アトム」が織り成す、笑いあり涙ありな作品。

作品集「オーマイブラザー」に本編、少年ジャンプに掲載された読み切り版を収録。

スーパーマリオくんでよく見られる沢田先生本人が作中に登場するネタはこの頃からすでにあった。

実はスーパーマリオくん23巻の第一面にアトムが出演している。ヨッシーが家出する回なのだが、オーマイブラザーにもアトムが家出する回がある。セルフリメイク的なことをしたのだろうか。

 

●ロコ・コロ

f:id:Kousuke:20171001212849j:plain

非情の殺し屋「コロ」と子猫「ロコ」のあまりにも美しく、あまりにも悲しい恋の物語。

作品集「オーマイブラザー」に収録。衝撃のラストは必見。

沢田先生の漫画ってよく猫が登場しますね。

 

●作画仮面シリーズ

作画グループでの活動を紹介するために作られた漫画。

 

●おゆきちゃん

作画グループ発行「グループ」2巻に収録。雪女のおゆきが人間の男に恋し、奮闘するギャグ漫画。ラストがちょっぴり切なめ。

 

●伊賀のドジ丸(未読)

1980年に小二コミック ドラえもんに掲載されたらしい。

 

●それいけ!フレンド(未読)

1980年に小二コミック ドラえもんに掲載されたらしい。奈知未佐子先生との共著とのこと。

 

●のってるヒーローくん

沢田先生のデビュー作とされている。テレビランドで連載されていた漫画。 単行本が1冊だけ発売されたが、掲載されていない作品がいくつかあるようだ。

 

●ずっこけキューブくん(未読)

1981年に小三人気漫画大行進に掲載されたらしい。

 

●スイカーマン(未読)

1981年にまんが大行進 小三人気者に掲載されたらしい。

 

 ●おじゃま犬ホットドッグ(未読)

1983年に小学3年生に掲載された漫画らしい。

 

●世界名作絵ものがたり⑪ そんごくう(未読)

詳細不明。表紙と中身をほんの少しだけ読んだことがある。もしかしたらどこかの小学校の図書室や町の図書館なんかに置いてあるかもしれない。

 

●まんがゼミナール チャレンジ!MSX

MSXのプログラミングが学べる。

 

ファインセラミックスワンダーランド(未読)

京セラから依頼を受けて描いた漫画らしい(つくば万博、京セラ館で配られたパンフレットに載っていたらしい)。

 

●国語のふしぎおもしろ百科(未読)

詳細不明。

 

 ●なぞなぞ1111問(未読)

イラストとクイズの本らしい。沢田先生の他にもいろんな作家さんのイラストが見れるらしい。

 

●クイズなぞなぞブック(未読)

1986年の小学3年生3月号の付録。カット・案を提供。

 

●ヒーロークイズどんちゃんブック(未読)

当時の特撮ヒーローが登場するクイズ漫画らしい。

 

●みえる・みえないのひみつ
学研まんがひみつシリーズのひとつ。目に関するいろいろなことを学べる。

この漫画に登場するワンスケというキャラクターは下記で紹介しているなかよしタウンにも登場している。

 

●それいけ!バットマン(未読)

1990年小学2年生2月号付録・わくわくコミックドラえもんに掲載されていたらしい。

 

●バッター岡田くん(未読)

コロコロアニキ3号にて存在を確認。別コロ増刊・野球漫画大特集号に掲載されたらしい。

 

スーパーマリオブラザーズ

沢田先生が初めて描いたマリオ漫画。スーパーマリオくん40巻に収録。

 

ゼルダの伝説(未読)

小学3年生に前後編で掲載されていたらしい。

 

影の伝説(未読)

●マグマックス(未読)

エグゼドエグゼス(未読)

サーカスチャーリー(未読)

これらは全てわんぱっくコミックに掲載されていたらしい。ゲーム攻略漫画と思われる。

 

魔界村

f:id:Kousuke:20171001211206j:plain

魔界村の攻略本的な要素を交えた漫画。当時の沢田先生はこのゲームをクリアできたのだろうか(ぉ

ファミコンまんが大全集2」に収録されているモノは普通にギャグ漫画らしい。(こちらは未読)

 

スーパーマリオブラザーズ2

f:id:Kousuke:20171001211215j:plain

キノコ暦1986年、マリオはクッパ軍団をことごとくやっつけ、8ワールドを制覇し、キノコ王国の平和を取り戻した...がしかし、実はクッパは生きていた。そしてマリオはせっかくピーチ姫を助けたのに、キノコ王国に連れて帰るのを忘れてしまっていた。マリオに置き去りにされたピーチ姫を再びさらったクッパは、新たなワールドでパワーアップした手下達を従え、マリオ兄弟に再び挑戦を仕掛ける。

スーパーマリオくんの前身にあたる作品。

内容はスーパーマリオくんと同じく、ギャグを交えた冒険モノだが、マリオくんに比べるとシリアスなシーンがかなり多い。

2が終了した後にスーパーマリオブラザーズ3編がスタートしたが、わんぱっくコミック休刊に伴いたった2話で終了した。

マリオ3最終回の最後のページには「スーパーマリオブラザーズ3終わり たくない」と表記されている。

 

●スーパ ーマリオくん (学習幼稚園)(未読)

コロコロコミックよりも前に同じタイトルで漫画を描いていたらしい。

 

 ●スーパーマリオくん2(未読)

上の作品の続編(?)学習幼稚園に掲載された。

 

●ミラクル★ピーチ

学習幼稚園で連載されていた。わんぱっくコミックス「スーパーマリオブラザーズ2」3巻にもいくつか収録されている。

 

スーパーマリオブラザーズ3(学習幼稚園)(未読)

わんぱっくコミックのモノとは別。学習幼稚園に掲載された。

 

ビックリマン(未読)
小学館の学年別学習雑誌などに掲載されていたらしい。かなりの話数がありそうだが、単行本は出ていない。

 

ゴジラくん(未読)

講談社のヒーローマガジンに掲載。

 

●SD戦国外伝(未読)

頸文社の本に収録されているらしい(ツイッターでたまたま見かけた情報なので詳しいことは知らない)。

 

ボンバーマン(未読)

ボンバーマンの4コマ漫画(ツイッターでたまたま見かけた情報なので詳しいことは知らない)。

 

●ワンダくん(未読)

スーパーマリオくんの読者へのおたよりにもこの作品に関する記述がある。

 

スーパーマリオくん

f:id:Kousuke:20171001211219j:plain

2018年現在、スーパーマリオオデッセイ編を連載中。

単行本は発行された時期によって内容が異なる箇所がいくつかある。

 

f:id:Kousuke:20150906022926j:plain

マリオくん14巻の最後のページに掲載されている次巻予告。

左が初版のモノで右が第2刷以降のモノ。

当初15巻にはスーパーマリオRPG編が掲載される予定だったらしい。が、何らかの事情で不掲載となり、14巻の予告もスーパーマリオ64のイラストに差し替えられてしまったらしい。

後に50巻、51巻にRPG編がほぼ全話掲載される。

 

f:id:Kousuke:20150906024433j:plain

コチラはマリオくん18巻の86ページ。

左が初版のモノで右が第2刷以降のモノ。郷ひろみのパロディだが、セリフが違う。

これらの他にも

スーパーマリオワールド編では、雑誌掲載時に股にコインを挟んでキンタマリオというネタがあったが単行本に収録される際、コインでお手玉をするシーンに差し替えられている。

スーパーマリオサンシャイン編では、雑誌掲載時にポンプのセリフが乱暴な口調だったが、単行本ではゲームと同じく、丁寧な口調になった。

...などの違いが見られるモノが沢山ある。

 

(ゲーム出演について)

f:id:Kousuke:20180326000028p:plain

2015年、WiiUソフト「スーパーマリオメーカー」にて、漫画のマリオがついにゲーム出演を果たした。

沢田先生が作成した「スーパーマリオくん25周年記念コース」をクリアすると、マリオくんのキャラマリオが手に入る。

f:id:Kousuke:20180326000818j:plain

上の画像はスーパーマリオメーカー発売1周年を記念して撮影したモノ。

イキイキと動き回るマリオくんが見られるのはこのゲームだけ!!

スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DSはキャラマリオ非対応なので注意)


今日のスーパーマリオメーカー 「スーパーマリオくん」編

 

食玩について)

f:id:Kousuke:20180326002519p:plain

2016年、トップ製菓から「スーパーマリオくん コミックガム」という食玩が発売された。恐らくスーパーマリオくん史上最初のグッズ。

ガムのオマケとして、マリオくんが読める組み立て式の小さな漫画本が付いている。マメ本ってヤツ?

ほとんどが単行本に収録されているお話だが、中には見逃せない要素も...。ラインナップなど詳しいことは以下の記事で。

karaagedaisuki.hatenablog.jpコミックガム アニメに登場)f:id:Kousuke:20180401210222j:plain

TBSのアニメ「だがしかし2」最終話に、スーパーマリオくんコミックガムが登場した。原作の漫画にも登場していたが、まさかアニメにも登場するとは思わなかった...。

f:id:Kousuke:20180401210218j:plain

f:id:Kousuke:20180401210214j:plain

f:id:Kousuke:20180401210207j:plain

作中ではゲームでおなじみの「コイーン♪」というSEやファミコン風のピコピコ音が流れた。

 

●オレだよ!ワリオだよ!!

f:id:Kousuke:20171001211210j:plain

 「コロコロイチバン!」で創刊号より連載されていた漫画。当初はワリオワールドを題材にしていたが、怪盗ワリオ編、ワリオランドシェイク編と続いていく。

2013年に連載は終了したが最終巻は未だに発売されていない。

余談。というか自慢。

f:id:Kousuke:20120411215534j:plain

 小学生の頃、コロコロイチバン本誌のハガキコーナーにワリオのイラストを送ったら掲載されて、景品としてサイン色紙をもらったことがあります。死ぬほど嬉しかったです。

 

スーパーマリオくん劇場

ワリオ終了から1か月後にスタート。現在は月刊コロコロコミックと同じく、スーパーマリオオデッセイ編が連載されている。

ルイージマンション2編はスーパーマリオくん52巻に全話掲載。ネコマリオくん編はスーパーマリオくん48巻、49巻に収録。ヨッシーNewアイランド編のみ単独で単行本化されている。

 

スーパーマリオッさん

25年間戦い続け、肉体的にも精神的にもボロボロになってしまったマリオは「もうボケるのはやめた」と言い出す。自暴自棄になってしまったマリオを救うべく、目の前に現れたのは...?

スーパーマリオくん連載25周年記念としてコロコロアニキ4号に掲載。スーパーマリオくんとしてはかなりシリアスな内容となっている。(もちろんギャグもあるが)

スーパーマリオくん傑作選」にも収録されている。なお、一部のシーンが描きなおされている。

 

●なかよしタウン

月刊小学エースのなかよし新聞で連載。ネットでも閲覧可能だった。

 

 

...自分が知ってる漫画だけでもこんなにたくさん。探してみればもっともっと見つかるかも。 

「この記事のここがおかしいよ!」とか「こんな漫画もあるよ!」なんてのがあったら教えてください。